生理痛 貧血 倒れる

倒れるほどひどい貧血症状と生理痛の原因とは、解消していくことはできるのか

スポンサーリンク

生理に伴う痛みや出血量は人それぞれ個人差があるものです。
比較的痛みの少ない、出血量も少ないという人であれば生理に対してもそこまで不安を感じることはないでしょう。
ですが、逆に生理痛が重く、出血量も多いという人であれば、自分が何かの病気なのではと心配になることもあるのです。
通常、生理の際の出血量の増加やそれに伴う生理痛の悪化は子宮内膜組織の増殖が原因だとされています。
子宮内膜組織は女性の体の中から分泌される女性ホルモンによって増えていくのですが、体調不良やちょっとしたストレスが積み重なりこのホルモンバランスが崩れてしまうのです。
結果、子宮内膜組織が過剰に増えて生理痛や貧血症状の悪化を引き起こしていくというわけです。
痛みだけであれば鎮痛剤を服用したり、お腹を温めることで多少症状を和らげていくことができますが、貧血症状に関しては自分だけで対処していくのは難しいものです。
市販のサプリを服用したところですぐに効き目が出るわけではありませんし、下手にサプリや市販薬を多用することで体に必要以上の負担がかかってしまう可能性もあるのです。

スポンサーリンク

生理の際の貧血症状があまりにもひどい、倒れるほど症状が強く表れるという場合には自分ですべてを対処しようとはせず、専門の医療機関へ受診することをおすすめします。
専門の医療機関とは主に婦人科、産婦人科です。
医療機関への受診は抵抗を感じるという人も中にはいるかもしれませんが、生理は女性の体の不調を訴える重要なバロメーターでもあります。
変に我慢をして症状が悪化していくのを待つよりも、早め早めの段階で専門医に相談をする方がよっぽど賢い選択といえるでしょう。
より詳しい検査を行って、生理痛や貧血症状の原因を突き止めることが出来ますし、それによって的確な治療を受けていくことができます。
こうした医療機関では、女性ホルモンのバランスを整えるためにピルを服用したり、さらには乱れがちであった食生活や睡眠時間を改善していくなどして治療を進めていきます。
それぞれのケースで多少内容は異なってくることになるのですが、生理痛や貧血症状の原因となる部分から問題を解消していくことができるので、よりベストな方法だといえるでしょう。

スポンサーリンク