排卵後 生理痛のような痛み

排卵後に生理痛のような痛みがある、その原因と対処方法について

スポンサーリンク

女性の体は通常、生理が終わってから2週間程度で排卵が行われ、体が妊娠に適した状態に変化していきます。
この際にホルモンバランスの関係で生理痛のような痛みを感じることがありますが、実はその原因生理痛とはメカニズムが大きく異なっています。
排卵痛は主に女性ホルモンの関係で卵巣が腫れること、そして排卵が行われることで引き起こされていきます。
どちらかというとその痛みの期間は短く、気が付いた時にはすでに痛みは引いていたというケースが大半です。
その点、生理痛は子宮が内膜組織や血液を体外に排出するために収縮することで生じるものです。
その根本となる原因が異なるため対処の方法も多少変わってくることになるのです。
生理痛も排卵後の痛みも、軽度のものであれば市販の鎮痛剤を服用することで症状を抑えることができます。
服用のタイミングをうまく調節することで、痛みを一切感じることなく日常生活を送ることも可能になってくるのです。

スポンサーリンク

ただ、排卵後の痛みがあまりにもひどい場合、別の対処が必要になります。
痛みがひどく、日常生活にも支障を来してしまうという場合、もしかすると体内で分泌される女性ホルモンのバランスが乱れているのかもしれません。
もちろん、詳しいことは婦人科や産婦人科などの診察を受けて調べていく必要があるのですが、この場合、低用量ピルを使った治療が行われるケースが大半です。
低用量ピルは服用することで体内の女性ホルモンのバランスを整えていくことが出来ます。
しかも女性ホルモンを分泌する脳下垂体という器官にダイレクトに作用して排卵を抑えていく効果もあるため、必然的にその時の痛みを解消していくことができるのです。
重度の痛みであっても排卵自体を止めることが出来るのであれば何ら怖いものはありません。
生理や排卵は一般的に毎月やってくるものですから、あまりに症状がきつい場合には早めに医療機関へ受診するようにしましょう。
長年悩み続けた症状も適切な治療を受ければ、簡単に解消していくことができるのです。

スポンサーリンク