生理痛 薬 効かない 病気

病気の可能性はあるのか、ひどい生理痛で薬も効かない場合の対処方法

スポンサーリンク

生理は女性にとってなくてはならないもの、そして、毎月のように訪れる避けては通れないものでもあります。
生理は子宮内膜がその役目を終え、体外に排出されることで引き起こされます。
その際に、子宮筋肉は収縮を繰り返し、この動きや分泌される成分によって生理痛が引き起こされていきます。
痛みの程度には個人差があるのですが、体調が悪かったり、本来の体のホルモンバランスが崩れている人の場合はその痛みが強く表れる傾向にあります。
中にはこの痛みによって日常生活に支障を来してしまう人もいるのではないでしょうか。
こうしたケースの場合、大抵は市販の鎮痛剤を服用して痛みを抑えていきます。
同時にカイロをお腹周りにあてることでその症状を緩和していくという方法も挙げられます。
ただ、中にはこうした薬が効かないというケースもあります。
これはあまりにもその痛みの症状が強く、市販薬では誤魔化しきれないところまで症状が進行していることが考えられます。

スポンサーリンク

実は生理痛の痛みが激化するのにはある病気が関係しているケースがあります。
それは月経困難症といい、生理に伴う痛みがひどく現れる特徴があります。
あまりにひどいケースであれば痛みで起き上がることもできない、ずっと寝たままでいなければその痛みに耐えられないこともあるのです。
この月経困難症は女性ホルモンのバランスが崩れ、子宮内膜組織が増殖することで引き起こされます。
子宮内膜組織の量が多ければその分生理の際の子宮の収縮運動は強く表れますし、同時に痛みを感じさせる物質も多く分泌されてしまいます。
つまり、このひどい生理痛を抑えていくにはまず、女性ホルモンのバランスを整えて子宮内膜の増殖を食い止める必要があるのです。
一般的に、こうした月経困難症の治療には低用量ピルを活用していきます。
低用量ピルは服用することで体内の女性ホルモンバランスを調節し、生理をよりベストな状態で起こすことができます。
この方法ならより確実に生理痛の症状を解消していくことが出来るのです。
ひどい生理痛に悩まされているという人はまず、できるだけ早く婦人科の診察を受けること、そして治療を開始していくようにしていきましょう。

スポンサーリンク