陣痛 生理痛 ずっと

陣痛のような生理痛がずっと続く時の対処法

スポンサーリンク

生理痛は人によって重さが違っています。
場合によっては、陣痛のような痛みがずっと続いてしまうということもあるものです。
このような場合は、日常生活もままならなくなってしまうこともあります。
学生の場合、学校を休んでしまうこともあるため、何らかの対処法を考えるべきです。
まずは婦人科を受診することをお勧めします。
あまりにも痛みが激しい場合、婦人科系の病気の可能性があるからです。
多いものとしては子宮内膜症が挙げられます。
この場合、早急に子宮内膜症の治療を始めることになります。
ホルモンバランスの崩れや成長期などでは、生理痛が重くなることがあります。
このような場合には、婦人科で痛み止めなどの薬を処方してくれることがあります。
もしくはホルモン療法をとることもあり、ホルモン注射を打つことがほとんどです。
いずれにしても、ずっと続く痛みを緩和させることができるので効率的な方法と言えます。
病院へ行くことに抵抗がある場合は、ドラッグストアで痛み止めを購入して利用するといいかもしれません。

スポンサーリンク

陣痛のような生理痛がずっと続く場合、子宮内膜症や子宮筋腫といった婦人科系の病気が隠れていることがあります。
これらの病気や生理痛を緩和させるためには、ピルの処方が有効的です。
最近はどんどん新薬が開発されてきていることもあり、副作用がほとんどないピルも増えてきています。
婦人科で処方される痛み止めには副作用をともなうものもあります。
また、人によっては全く効き目がないということもあります。
このような場合には、他の検査を行うことをお勧めします。
別の病気の可能性もあるからです。
また、生理痛は会社を休むことができます。
有給休暇を取るための理由になるため、あまりにもひどい場合には有給休暇を消費するというのもお勧めです。
その間に婦人科などの適切な病院を受診してみるといいかもしれません。
自身で簡単に行える方法としては、集中できることを探すことです。
何かに没頭することによって、多少は痛みを忘れることができます。

スポンサーリンク