授乳中 生理痛 薬 市販

生理痛の痛みは市販薬で解消、授乳中でも服用していいのか

スポンサーリンク

生理痛の痛みは女性にとって避けられないものです。
人によっては体調やホルモンバランスの状態によってその痛みが顕著に現れることもあるので、その対処に苦労したことがあるという人も多いのではないでしょうか。
生理痛は子宮やその周辺の組織が血液や内膜組織を体外に押し流そうとする動きによって引き起こされます。
血液の量が多ければ多いほど、内膜組織が多ければ多いほど、その痛みは強く出てくるので人によっては激痛を伴うケースも出てくるのです。
通常、軽度の生理痛であれば市販の鎮痛薬で対処していくことが出来ます。
頭痛や腹痛に限定することなく、痛みを和らげる鎮痛成分が含まれているのでより高い効果を期待することができるのです。
飲みはじめてすぐに効果を発揮するというわけではありませんが、あらかじめ服用しておけば痛みによって日常生活に支障を来すような事態は防ぐことができます。
では、もしも授乳中にこの痛みの症状に悩まされたときはどうでしょうか。

スポンサーリンク

授乳中は基本的に市販薬を服用は避けた方がいいとされています。
それは母体が薬を服用することでその成分が血液、母乳へと流れ込み、赤ちゃんにも影響が出てしまうためです。
市販の薬の中には赤ちゃんにとっては刺激が強すぎる成分も含まれているため、安全性を考えると服用を避けるのが無難だということです。
ただ、だからといってすべての商品が授乳中に服用できないというわけではありません。
中には妊娠中や授乳中でも服用可能な鎮痛剤が売り出されています。
生理が来たとき、どうしても医師の診察を受けることが出来なかった場合、処方薬を入手することが出来なかった場合にはこうした方法で市販の鎮痛剤を使用していくことをおすすめします。
授乳中は産後間もないこともあり、体調やホルモンバランスンの乱れが目立ちます。
それに伴って生理痛もひどくなる傾向にあるため、体が慣れるまではこうした鎮痛剤の効果をうまく活用していくことも大切になってくるのです。

スポンサーリンク