生理痛 頭痛 眠気

生理痛と頭痛、眠気について

スポンサーリンク

生理が始まると、生理痛と共に頭痛や眠気を感じる女性が増えています。
このような症状は、この時期に起こるホルモンバランスの乱れが原因となっていることが多く、鎮痛薬などを使用することで少なからず症状を抑えることが出来ます。
生理痛や頭痛の場合には市販の鎮痛薬も一定の効果を発揮するため、比較的対処はしやすいのです。
生理痛は、子宮が収縮することによって起こります、一方頭痛は、この時期に分泌量が多くなるホルモンの影響で脳の血管が広がり、引き起こされることが多いのです。
生理痛や頭痛は、普段抱えているストレスが大きいと特にひどくなる傾向があります。
特に生理痛の場合には、鎮痛薬が効かなくなる程の激痛が起こることもあるのです。
こういった症状の背景には、まれに他の病気が隠れていることもあります。
ですので、症状がだんだんひどくなるようであれば、産婦人科で相談することが推奨されるのです。
痛みの原因になるような食べ物の摂取も控えます。

スポンサーリンク

生理の際に起こる症状としては、眠気もポピュラーなものとして挙げられます。
生理が始まると途端に眠気が襲ってくるといった事例も見られ、生理は切っても切れない関係にあるわけです。
このような症状が起こる原因には、実の所様々な説があります。
一つにはホルモンバランスが関わっているという説があり、この時期特有の症状として専門サイトなどにも多数の相談が寄せられているのです。
また、血液が少なくなることで眠さが生じるといった説や、内蔵機能が低下するためといった説もあります。
眠気の場合には、他の症状よりも対処法が中々難しいという特徴があります。
まずは摂取する食品を工夫したり、軽い運動を取り入れたりといった対策が考えられます。
通常眠気覚ましに用いられるカフェインは、生理の時期に関しては出来るだけ避けた方が良いとされています。
カフェインを取りすぎると痛みが増し、鎮痛薬の効果が場合によっては薄れてしまうことがあるからです。

スポンサーリンク