生理痛 生理こない 病気

生理痛がひどいときや生理こない場合に疑われる病気について

スポンサーリンク

生理痛がひどい時には、子宮の病気の可能性があります。
特に、次第に強くなる痛みや鎮痛薬が効かない場合には、注意が必要です。
子宮内膜症などはこの場合可能性の高い病気と言えます。
子宮筋腫の場合にも、筋腫の出来ている場所によってはこのように生理痛がひどくなることがあるのです。
従って、激しい生理痛は侮らずに医師の診察を受けることが賢明な選択となります。
生理のトラブルとしては、生理こないといった症状も比較的多いものです。
こういった場合、まずは妊娠が疑われます。
妊娠の兆候が見られないときには、何らかの病気がかかわっている可能性があるのです。
例えば、卵巣や甲状腺の病気です。
こういった臓器はホルモンの分泌と密接な関係があります。
従って、このような部分に異常があると、ホルモンバランスが崩れて生理が止まってしまうことが考えられるのです。
毎月の生理は、ホルモンの作用によって引き起されているため、一旦バランスが崩れると様々な症状が出てきます。

スポンサーリンク

生理こないという場合には、通常産婦人科で詳しい検査が行われます。
ホルモンの状態や病気の有無を調べる血液検査やエコー検査などが行われるのが一般的で、妊娠の可能性がないかを聞き取る問診も実施されるのです。
このような検査で異常が見つからなければ、多くの場合生理不順と診断されます。
生理はストレスなどの精神的な要因で一時的に止まってしまうこともあり、生理不順の解決法は中々複雑です。
また、最近では30代で生理が止まってしまう若年性の更年期障害も、生理こない場合に考えられる症状として数えられるようになっています。
この場合にも、背景にストレスなどが関わっていることが多く、アプローチ法は一筋縄ではいかないのが本当の所なのです。
生理自体は現在薬で起こさせることが出来ますが、以後の周期のバランスを規則正しく整えられるか否かは、やはり本人次第ということになるわけです。
生理こない場合には、何かと心配になります。
この場合産婦人科医の診察を受けることで、具体的な解決方法が分かることも多いのです。

スポンサーリンク