生理痛 腰痛 なぜ

生理痛発症時において腰痛が発生するのはなぜか

スポンサーリンク

生理痛とは男性ではなく女性が発症する病気となっており、子宮が傷つけられることによって出血をしてしまう症状があります。
またこの病気が発症すると腰痛を感じることがありますが、なぜ腰の痛みを感じるのか調べていきます。
原因として女性は生理痛を発症することによって、女性ホルモンのバランスが急激に変化することがあります。
生理になると出血を排出するために骨盤が通常時に比べて開いた状態になり、同時に関節を緩める物質も分泌されます。
その物質が腰を始め筋肉に伝わっていくことから、腰痛を感じてしまうことがあります。
また冷え性などによって血行の流れが悪い状態においても、生理痛によって腰痛が誘発される可能性もあります。
ですが一般的には骨盤にゆがみが発生している時に、こういった痛みを感じやすくなってしまう傾向があります。
生理になると女性ホルモンバランスが変化するため、それによって腰などに痛みを感じてしまうことがあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

 女性特有の病気として生理痛を感じることが毎月1回ぐらいあり、通常であれば膣から出血をする症状が多くなっています。
しかし中には同時に腰痛を発症するケースもあるので、ここでその痛みに対する対策や治療法について説明をしていきます。
対策としてテーピングを使用して痛みを和らげる方法があり、理由として緩んだ骨盤を引きしめることが出来ます。
生理になると骨盤が通常時より緩んでしまうことが多いので、それを元に戻す目的でテーピングを腰に巻いていきます。
元々テーピングとは捻挫などによる痛みを緩和させる効果があり、関節を固定することにおいて使用されることがあります。
この原理を生理時における腰痛に反映させていく流れとなり、腰に巻くことで周辺の筋肉や骨を固定していきます。
またテーピングは巻き方がとても簡単なので、医師の力を借りなくても自分で巻ける点もポイントです。
テーピングなら自己ケアが簡単に出来る対策となっているので、生理痛がひどい場合には応急処置として行うと効果が得られます。

スポンサーリンク