生理痛 おしり 痛い

生理痛とおしりが痛い症状について

スポンサーリンク

生理痛に伴って、時におしりが痛いといった症状が現れるケースがあります。
生理痛がひどい時には下腹部を中心に腰周りに痛みが広がることがあり、おしりが痛いといった症状が現れてくることも少なくないのです。
特に便秘状態にある場合には、排便の痛みと相まっておしり付近が痛くなることもあります。
ですが、このような痛みには時に子宮の病気が関係している場合もあるため、症状が続くようであれば一度婦人科で検査を受けておくことが必要です。
おしりが痛いという症状が現れる病気としては、例えば子宮内膜症が挙げられます。
この病気は、子宮内膜が卵巣や直腸など他の部位にも発生してしまうのが特徴で、直腸に出来ると子宮との間に癒着を生じさせてしまうことがあるのです。
こうなると、生理の度に肛門付近にも強い痛みを感じることになります。
子宮内膜症は、画期的な治療法がなく、症状の悪化を食い止めることが主な課題です。
多くの場合には、鎮痛剤やホルモン剤などを使用して経過観察をすることになります。

スポンサーリンク

子宮内膜症は、重症化すると生理の時以外にも症状が現れることがあります。
生理の時に感じるような痛みが続いたり、性交痛などが発生することも多いのです。
また、排便の際にはおしりの奥に痛みが生じることが多く、日常生活も困難になることがあります。
このような症状が現れたら、すぐに婦人科を受診することが大切です。
現在では子宮内膜の増殖を抑える低容量ピルなども使用されるようになっており、痛みを軽くすることも可能なのです。
生理痛の現れ方には、実の所かなり個人差があります。
ストレスや食生活の影響によっても生理痛は痛みのレベルが変わることがあり、コントロールは中々難しい場合があるのです。
ですので女性にとっては、心配な時に気軽に相談が出来る婦人科医の存在が非常に大きなものになります。
最近では思春期外来などを設ける産婦人科も増えており、10代でもかかりやすい病院が登場しているのです。
比較的若い年齢で、このような検査に慣れておくことも、大切な大人へのステップと言えます。

スポンサーリンク