生理痛 ピル 値段

生理痛などの時にのむピルの値段

スポンサーリンク

ピルは避妊法の中としてもっとも確実で安全性の高い方法で飲むための薬です。
主に排卵を止めて妊娠を防ぎます。
ですが、生理痛じにのむと月経の周期が規則正しくなり、月経不順への治療効果もあり痛みも減少します。
ピルに含まれる2つの女性ホルモンは、卵胞を成熟させるホルモン分泌を抑えます。
低用量で避妊ができる仕組みは排卵を制御し、子宮内膜の変化(受精卵を着床しにくくす)ためです。
また、子宮頸管の粘液の変化(精子を子宮にはいりにくくする)働きもあります。
また避妊するためだけではなく服用するとにきびの改善にもなります。
薬に含まれる女性ホルモンがニキビの原因となる男性ホルモンのはたらきを抑えてニキビを改善します。
ピルを服用して太るというイメージもありますが、太ることはありません。
カラダが慣れるまで1〜2か月かかるといわれています。
軽い吐き気や頭痛、不正出血など起こる可能性がありますが、慣れてしまえば問題ありません。

スポンサーリンク

種類は21錠タイプと28錠タイプがあり、21錠タイプは1錠ずつ21日間服用後、7日休んでから服用を再開するタイプです。
28錠タイプは休みを入れずに毎日1錠服用するので、飲み忘れを防ぐ効果があります。
飲み忘れないように形態のアラーム機能を活用して服用するようにすると飲み忘れをふせぐことができます。
飲むのをやめれば、3か月以内に自然な月経が回復し、妊娠することも可能です。
ピルにかかる費用・値段はひと月で約2〜3000円程度です。
「経口避妊薬」としてみとめられている「低用量ピル」は保険適用外です。
服用してはいけない人・注意が必要な人もいます。
服用してはいけない人は、35歳以上で、1日15本以上の喫煙者や妊娠、または妊娠している可能性のある人、授乳中の人などは服用してはいけません。
注意の必要な人は、糖尿病またはその疑いがある人、肝臓、心臓、腎臓の病気にかかっている人、またはかかったことのある人は注意が必要です。

スポンサーリンク