生理痛 腰痛 楽な姿勢

生理痛の腰痛を緩和する楽な姿勢

スポンサーリンク

生理痛の腰痛に悩んでいるという女性は多く居ると思います。
生理前に腰が痛いという場合には、ホルモンバランスが崩れることによって自律神経の乱れが起こり、骨盤内に血液が溜まりやすくなることで痛みが引き起こされます。
ほかにも、子宮内膜症である可能性も考えられます。
子宮内膜症である場合には、不妊などの症状を招いてしまうこともあるため注意が必要です。
生理中に起こる腰痛は月経困難症と呼ばれるが多いとされています。
とくに若い女性に多く見られる症状で、ホルモンバランスの崩れが原因だといわれています。
プロスタグランジンというホルモンが子宮や血管を収縮させたり、骨盤周辺の血流が悪くなることで生理痛や腰痛に繋がります。
生理の際の腰の痛みは個人差がありますが、体質によっては非常に強い痛みとなってしまうこともあります。
それを改善するためには、さまざまな方法があるためそれを行なうことによって痛みを緩和していくことができます。

スポンサーリンク

生理痛を改善するためには、楽な姿勢をとることなどが有効です。
とくに寝るときに楽な姿勢としては、うつ伏せ寝がおすすめだとされています。
うつ伏せに寝ることで、軽く負担がかかって腹痛などが緩和することも多いといわれています。
うつ伏せ寝が苦手な場合には、お腹を温めることのできる体勢が楽な姿勢といえます。
湯たんぽなどをお腹に当てることがおすすめです。
しかし、普段から行なっている猫背や足を組む、長時間同じ姿勢で居るなど自分では楽な姿勢だと思っている姿勢が、骨盤の歪みになっていることもあり、それが逆に生理痛や腰痛の悪化の原因になっていることもあるため注意が必要です。
姿勢だけではなく、身体を温めるために入浴をする、痛みを緩和できる食べ物を食べる、骨盤の歪みを治す運動などを心がける、マッサージで血流を良くすることなどが痛みの改善に繋がります。
生理痛などはホルモンバランスの乱れによって引き起こされるため、生活習慣を見直すことも大切です。

スポンサーリンク