生理じゃないのに胸が張る 病気

生理じゃないのに胸が張るのは病気?

スポンサーリンク

女性は毎月生理がやってきます。
思春期を迎えた女性は、生理とこの先長いつきあいをしていくことになります。
生理中はさまざまな不快症状を感じる人がいます。
このときにホルモンの影響を受けていることになりますが、これ以外の時にもホルモンの影響を受けているのです。
そのなかで体に現れる症状があります。
それは排卵日の周辺に現れる胸が張るという症状や胸が痛いというような症状となります。
生理じゃないのに胸が張るというのは、排卵日が関係しています。
生理にはいくつかのホルモンが関係しています。
それは卵胞刺激ホルモンや卵胞ホルモンや黄体ホルモン、このほかには黄体化ホルモンがあります。
これらのホルモンが関係していますが、生理じゃないのに胸が張るときに関係しているのは黄体ホルモンとなっています。
人によって違いがありますが、体調によっても症状には違いがあります。
生理のサイクルというのは25日から38日となっています。
この間で体の中でさまざまな変化が発生しています。

スポンサーリンク

生理じゃないのに胸が張る場合には、排卵日ではなく排卵をした後に発生することが関係しています。
これは黄体期という時期になります。
妊娠が成立しないと言うことになれば、黄体ホルモンは減少します。
その結果生理が始まるようになっています。
それと共に胸の張りや痛みも消えていきます。
しかし黄体期以外に考えられる原因もあります。
それは病気の可能性があるという点です。
乳腺炎などのほかの病気が関係している可能性もあります。
胸の張りがいつもと違うような感じがあったり、次のような症状があらわれたときには婦人科を受診するようにします。
片方の胸だけが強く張ったり痛みが発生していたり、胸の張りと一緒に発熱することがあります。
生理が始まっても胸の張りや痛みが取れないときや、乳頭から何かが出てきたときには病気の可能性があります。
したがって自己判断をせずに病院を受診する必要があります。
排卵日が関係しているというような場合には、自分で優しくマッサージをするという対処法があります。

スポンサーリンク