生理 お腹 張る 痛い 原因

生理でお腹が張る、痛い症状の原因

スポンサーリンク

生理前にはさまざまな症状が現れるようになっています。
ここでお腹が張るというような症状が現れることがあります。
お腹が張るという症状や痛いと感じるときには、何が原因となっているのかが気になります。
生理前のお腹の張りや痛いという症状に関しては、たくさんの女性が悩まされていることとなっています。
毎月同じ症状が現れると言うことではなく、月によって張りの状態が異なっていることもあります。
中には仕事や学校を休まなければいけないほどひどい症状に悩まされる人もいます。
このような体調不良に関しては個人差があります。
しかしお腹が張ると言うことや痛いという原因がどこにあるのかが気になります。
そこで考えられるのは黄体ホルモンとなります。
生理前の症状には女性ホルモンが大きく関係しています。
女性ホルモンはいくつかありますが、エストロゲンのほかにプロゲステロンという黄体ホルモンも存在しています。
これは蠕動運動を低下させてしまうという働きがあります。

スポンサーリンク

したがって便秘になってしまうこともあります。
この他に原因として考えられているのは、子宮が腸を圧迫していると言うことになります。
生理前には妊娠できる体へと準備が行われています。
このときに子宮や卵巣の働きが活発になっています。
子宮には黄体ホルモンの働きによって水分が蓄えられたり、栄養素が蓄えられたりするようになっています。
お腹が苦しいと感じることがありますが、これは子宮や卵巣が膨らんでいることが原因となっています。
腸が圧迫されるのは、お腹が張る原因の一つとして考えられています。
またストレスも非常に注意をしなければいけないことです。
イライラしラリ怒りっぽくなるのを実感する人がいますが、これは黄体ホルモンの影響と大きな関係があります。
ストレスがたまると、腸の働きも弱くなってしまいます。
その結果便秘気味になってお腹が張る原因となってしまいます。
このような症状を解消するためには、ストレッチやヨガなどを行うようにします。

スポンサーリンク