生理 太もも 付け根 痛い 原因

生理で太ももの付け根が痛い原因と対処方法

スポンサーリンク

生理の際に太ももの付け根が痛いと感じることがあります。
このときに考えられる原因はいくつかあります。
生理の際に太ももの付け根が痛いと感じる場合は、排卵痛が関係していると考えられています。
排卵痛とはどのような特徴があるのかというと、女性が排卵をするときに、卵胞と呼ばれる卵子が詰まった袋のようなものが成長します。
これが破れたり排卵をするときに卵胞の中で出血をしたときに痛みを感じるようになっています。
生理の際の太ももの付け根の痛みに関しては、鈍痛のような状態であったり、チクチクすると感じる人もいます。
痛みの程度には個人差があります。
なぜこのように痛いと感じるのかというと、その原因は足の血行が悪くなるからと考えられています。
足の血行が悪くなると、体のさまざまな部分で痛みが発生するようになっています。
このようなときには対処方法があります。
それは足をマッサージすることになります。
これで血行をよくすることができます。

スポンサーリンク

足の太ももの付け根が痛いと言うことがありますが、これは股関節に痛みが発生していると言うことになります。
なぜこの部分が痛くなるのかというと、その原因は子宮が骨盤の中にあるからです。
生理の際には経血が出るようになっていますが、この経血を出すために子宮が収縮します。
子宮が収縮すると、それが骨盤から腰や股関節に伝わるようになっています。
生理痛とよく言われますが、このときにお腹が痛いと感じる人がいます。
しかし実際にはお腹が痛いのではなく子宮が痛いと言うようになります。
このときの原因は子宮が収縮していることになります。
痛みを緩和させるためにはいくつかの対処方法がありますが、鎮痛剤を服用するという方法もあります。
また横になって安静にするという方法もあります。
血液の流れが悪くなっていることが考えられるので、衣服などを上手に利用して腹部を温めるという対処方法も効果的です。
あまり無理をせずにゆっくりと過ごすことが一番となります。

スポンサーリンク