プール 生理 対策

生理中のプール対策

スポンサーリンク

生理中にプールに入ると、経血が流れ出てしまうのではないかと心配する女性も多いのですが、基本的に水中であれば水圧がかかっていますので、プールの中に血が放出されることはありません。
ただし、プールから上がる際には注意が必要です。
水圧がなくなった状態となりますので、内ももについた水滴と混ざって赤いしずくが流れ落ちる可能性が高くなります。
生理中は無理をして水泳はしない方がよいのですが、どうしてもプールに入らなければならない時の対策として、ナプキンではなくタンポンを使用するようにしましょう。
経血が空気に触れやすいナプキンと比較すると、タンポンは直接身体の内部に挿入しますので、体内で血液を吸収してくれるためにニオイや蒸れが気になりません。
また、プールから上がる時に水圧がなくなっても漏れることもありません。
プールに入る前には新しいタンポンに交換し、泳いだ後も新しいタンポン、もしくはナプキンに交換するようにするというのが対策法となります。

スポンサーリンク

前述しましたように、生理中のプールはできるだけ避けた方が賢明です。
その理由のひとつとして、お腹が冷えることによって生理痛がひどくなる可能性があるからです。
生理痛や出血の量には個人差がありますが、基本的に生理の初めには出血の量は多いですし、ほかの人も同じ水を利用していますので、衛生面などを考えて無理はしないようにしましょう。
周りの人に不快感を与えてしまう可能性がある場合には、あきらめるようにしましょう。
生理中には激しい運動は避けるように、婦人科の医師も推奨しています。
月経中は身体が大変デリケートな状態となっていますので、雑菌の多い水の中に入って泳ぐという行為は、感染症のリスクを伴うことにもなるからです。
月経中はできるだけ身体を休めるようにしましょう。
タンポン以外で経血を気にせずに泳ぐ方法はありませんので、泳ぐ際には必ずタンポンを挿入して対策を施すようにしましょう。
実は、ナプキンと同様にタンポンにも多い日用と少ない日用があります。
水泳の際には、必ず多い日用のタンポンを使用するようにしましょう。

スポンサーリンク