子宮後屈 生理痛 うつ伏せ

生理痛の原因になる子宮後屈はうつ伏せが効果的?

スポンサーリンク

子宮後屈という言葉は妊娠すると一度は聞くと思います。
子宮後屈とは、子宮が背中側に向かって傾いている場合や、曲がっている症状のことをいいます。
子宮後屈は女性の1から2割くらいの割合で当てはまる症状です。
生まれつきそうなっている女性がほとんどですが、子宮内膜症などが原因で起きることもあります。
子宮後屈の女性は、一般的に生理痛がひどかったり、下腹部に痛みを感じやすいとされています。
生理痛に加えて、便秘が起こりやすく、特に排便の時に鋭い痛みが走る排泄痛という症状が強い人もいます。
妊娠や婦人科の検診時にエコーをとることで後屈しているかどうかの判断がつきます。
後屈しているからと言って特に治療は必要ありませんが、生理痛がひどくて日常生活に支障がある場合や、子宮内膜症の症状がある場合には対処や治療が必要になります。
子宮内膜症によって子宮の後ろ側にある他の臓器との癒着で生理痛がひどい場合などは手術で癒着をはがすことも行われます。

スポンサーリンク

子宮が後屈していることにより、不妊や流産しやすいという説がありますが、直接的な原因とは考えられないというのが一般的になっています。
しかし、子宮内膜症や骨盤の内膜炎などがあれば、こちらの方が問題と言えます。
子宮が後屈していると不妊の要因の一つになることが考えられます。
妊娠を希望している場合、うつ伏せになることでより妊娠の可能性を上げる方法があります。
子宮後屈の女性が妊娠できた場合、先天的に後屈している人は妊娠によって治ることもあります。
子宮内膜症などにより癒着がある場合、自然分娩が難しいと判断された場合帝王切開になることがあります。

スポンサーリンク