生理 遅れる お腹 痛い

生理が遅れる理由とお腹が痛い時の対処法

スポンサーリンク

生理は基本的に毎月あると言うようになっています。
その周期には個人差がありますが、一般的には毎月見られるようになっています。
しかしその周期が近づいてきても来る気配がないということもあります。
このような場合は非常に心配となります。
予定日が過ぎても来ない場合には遅れると考えてもいいのかというと、周期が25日から38日となっているので、1週間程度遅れるというのは珍しいことではありません。
しかしそれ以上になると注意をしなければいけません。
体に何らかの問題が発生している可能性があるからです。
生理が1週間を過ぎても来ないという場合には、妊娠の可能性も考えられます。
したがって病院を受診するようにします。
生理は日常生活と非常に深い関係があります。
強いストレスを感じたという場合には遅れる可能性が高くなっています。
自律神経が乱れてホルモンバランスが崩れているからです。
したがって穏やかな気持ちで過ごすように心がけます。

スポンサーリンク

生理が遅れているときにはお腹が痛いと感じることもあります。
お腹が痛い場合には、ホルモンバランスの乱れによって吐き気を伴うこともあります。
ほかにも立ちくらみやめまいなどの症状を伴うこともあります。
これらは月経前症候群の特徴となっていますが、人によっては立っていることもできない場合があります。
立っていられないほどお腹が痛いと言うことがあります。
下腹部痛になりますが、生理がこないにもかかわらずこのような症状が現れたときには注意が必要となります。
子宮内膜症や子宮筋腫の可能性があります。
また卵巣腫瘍や骨盤腹膜炎などの病気の可能性もあります。
子宮外妊娠をしている場合にも下腹部痛を感じることがあります。
したがってこれらの症状が現れた場合には、すぐに病院を受診するようにします。
生理の周期を正常に保つというのが非常に大切です。
そのために自分でできることがあります。
それは基礎体温を付けることです。
これで自分の生理がいつ頃来るのかを把握することができます。

スポンサーリンク