生理 6日目 鮮血 原因

生理6日目の鮮血と原因

スポンサーリンク

女性は毎月生理がありますが、これは約1週間で終わるようになっています。
しかし個人差があるのでしっかりと自分の特徴を把握しておくことが必要になります。
生理も終わりの頃になると、憂鬱な気分から解放されます。
しかしこのようなときには注意をしなければいけません。
とくに生理6日目には注意が必要です。
生理6日目には見落としている体からのサインがあります。
ここで確認をしなければいけないのは経血の量や色に関してです。
女性は生理周期によってホルモンの分泌バランスが変化しています。
そのなかで生理6日目という終わりの頃になると、生理が始まった頃と比べると再び変化するようになっています。
周期には個人差がありますが、この頃になると経血の量も少なくなってきます。
またエストロゲンというホルモンの分泌が始まっています。
このホルモンは美肌ホルモンと呼ばれるようになっています。
エストロゲンの値が高くなると、気分も良くなって血行が良くなり、肌のつやが良くなります。

スポンサーリンク

したがってこの時期はホルモンバランスが入れ替わる時期と考えることができます。
しかし体の不調が現れることもあります。
この時期に鮮血が見られることもあるのです。
鮮血が見られる原因が気になりますが、このときに考えられる原因としては過多月経があります。
過多月経というのは鮮血が見られるようになっていますが、これだけではありません。
何か大きな病気が関係していることもあります。
子宮内膜に何らかの病気や疾患がある可能性があるので、婦人科でしっかりと検査を行う必要があります。
経血量の多さに関しては、10代ではまだ周期やホルモンバランスが整っていないと言うことで、多くなる傾向がありますが、20代以降の場合には3日から7日で終了することが多くなっていますそして2日目から3日目が鮮血で経血量が多いというようになっています。
しかし終盤になっても経血量が多い場合には何かの原因が隠されています。
したがって病院を受診するようにします。

スポンサーリンク