生理 後 眠い 対処法

生理後眠いときの対処法について

スポンサーリンク

生理の後に非常に強い眠気に襲われることがあります。
生理の後にこのように眠いと感じるのは珍しいこととなっています。
したがって何か病気が関係しているのではないかと不安に感じる人もいますが、原因や対処法は次のようになっています。
生理の前や最中には眠いと感じることが多くなっています。
これは月経前症候群の一つとして考えられています。
気分の落ち込みやイライラするというような症状に伴って現れるようになっています。
しかし生理になれば月経前症候群の症状が治まります。
それと一緒に眠いという症状も治まるようになっています。
基本的には終了すると眠気は現れにくくなっています。
生理後はエストロゲンという女性ホルモンの分泌量が増えるようになっています。
したがって精神的に高ぶった気分になり、不快な症状も同時に改善されるようになっているからです。
したがってこのときに眠気を感じる場合には、エストロゲンの分泌量が少ないことが考えられます。

スポンサーリンク

このほかにはホルモンバランスが乱れていると言うことも考えられています。
この他に考えられる原因としては貧血があります。
たくさんの経血が排出されるようになっているので、貧血状態になると朝起きることができなかったり、体がだるいと感じるようになります。
そこで気になるのが対処法です。
対処法としてはエストロゲンを増やすように心がけます。
そのためには同じ作用を持っている食品を摂取するようにします。
そのための対処法としては大豆イソフラボンを摂取するようにします。
納豆や豆腐などの大豆製品を積極的に取り入れるようにします。
また貧血を解消するというのも大きな効果があります。
血液中の鉄分を増やすために、鉄分をたくさん含んでいる鰹やひじきやレバーを積極的に取り入れるようにします。
また同時にビタミンCをたくさん含む食品を摂取すると鉄分の吸収率が向上します。
これらの症状はすぐに解消されるわけではないので、ゆっくりと治療をするようにします。

スポンサーリンク