生理 後 情緒不安定 対処法

生理後に情緒不安定になった際の対処法

スポンサーリンク

健康的な女性にとって、避けることの出来ないものの一つとして、生理があります。
生理前には何だかお腹のあたりがモヤモヤして下痢や便秘になりやすくなりますし、生理中はお腹の激しい痛みや大量に流れ出る血液に対応しなければいけませんし、生理後に訪れるであろう情緒不安定な気持ちをコントロールしなければいけません。
ホルモンのバランスが崩れていますので、体調が悪化したり、情緒不安定になるのは当たりまえのことですので、自分はおかしいと悩む必要はありません。
平気な様子をして歩いている女性も実は、イライラとお腹の痛みと戦っている最中かもしれないのです。
しかし、子どもであればそのままの感情を出しても仕方ありませんが、大人の女性であれば自身をコントロールしなければいけない場面も多々出てきます。
その対処法の一つとして、身体を健康に保つことが求められます。
睡眠をしっかり取り、三食をバランス良く摂ることが大切です。
対処法としては簡単なように見えますが、生理後の情緒不安定な状態を乗り切るためには、まずはしっかりとした身体を作ることが最も重要なことなのです。

スポンサーリンク

もう一つの情緒不安定な際の対処法として、家族やパートナーの理解を得るということが挙げられます。
仕事や学業をしている際は、恥ずかしいという気持ちも相まって、イライラしている自分を押し殺そうとしてしまいます。
しかし家に帰った途端に解放感が身体を包み込み、つい情緒不安定な様子を外に向かって発散してしまうことがあるのです。
いくら体調が悪いからと言って、常に自分の思うがままに振る舞うのはいけませんが、生理後のイライラはただ機嫌が悪いというのではなく、ホルモンバランスの崩れによって起こるものですので、そういうものなのだと、家族やパートナーにきちんと汲み取って貰うことも必要なのです。
ですので、生理の際にはイライラして情緒不安定な状態になるかもしれないということを、予め伝えておくようにしましょう。
ただ漫然と怒りっぽくなってしまっては、お互いの感情が悪くなるばかりですので、大げさとは思わずに話し合いの場を設ける方が良いでしょう。

スポンサーリンク