生理 子宮 下がる 理由

生理で子宮が下がる理由について

スポンサーリンク

妊娠や出産を行うという女性の体は非常に複雑となっています。
また女性ホルモンの影響によって体にさまざまな変化が現れるようになっています。
妊娠や出産は男性では経験をすることができない非常に神秘的なものとして考えられています。
女性は毎月生理がありますが、この生理周期で子宮口の位置や状態が変化するようになっています。
妊娠を希望しているという人がいますが、子宮口の変化や生理周期の関係をしっかりと把握するのは大切なことになります。
そこで気になるのが生理前には子宮口の位置が下がると言うことです。
なぜ下がるのかという理由や変化が気になります。
女性の子宮の入り口は排卵日が近くなってくると、下がるようになっています。
なぜこのように下がるのかという理由は、はっきりとわかっていません。

スポンサーリンク

排卵日付近から生理前に関しては、子宮口の位置は非常に下がったところに位置しています。
また非常に軟らかくなっているので、少し開いているようになります。
おりものは白くて粘りけのある状態となっています。
中のものを出しやすくするために軟らかく、少し開いた状態となっています。
おりものの量は少なくさらっとした状態となっています。
生理が終了してから排卵前までは子宮口の位置は上がっていきます。
少し硬くなっており、おりものはさらっとした粘りけのない状態です。
このように子宮の位置で妊娠をしているか判断することができます。
しかし正確に判断をする場合には、市販の妊娠検査薬や産婦人科を受診するという形となります。
自己内診をしようと考えている人がいますが、これはトラブルの原因となってしまいます。
したがって注意が必要です。

スポンサーリンク