生理 便 痛い 対処法

生理で便が痛いときの対処法について

スポンサーリンク

生理の時には痛いという症状を感じることがあります。
便をするときにも痛いという症状が現れることがありますが、これらの症状は多くの女性が感じていることとなっています。
同じ女性でも症状がひどいという人と軽いという人がいます。
全く痛いと感じないという人もいます。
しかし女性の9割が不快な症状を感じていると考えられています。
痛みがひどい場合には立って歩くこともできないこともあります。
吐いてしまう人もいます。
軽い場合にはお腹が痛かったり腰が痛いというような症状が多くなっています。
また生理の時にお腹がゆるくなると感じることもあります。
便が軟らかくなると言うことですが、生理が始まる前は便秘気味でも、実際に始まると便がゆるくなってしまうという人も少なくありません。
ここで考えられている原因は黄体ホルモンが関係しています。
生理が始まるとこの分泌量が減少します。
その結果腸が異常に収縮をし、下腹部痛を伴う下痢が発生しやすくなっています。

スポンサーリンク

このようなときにはどのような対処法を行えばいいのか気になります。
対処法は予防と対策をしっかりと行うのが基本です。
まずは冷えに注意をするようにします。
体を冷やさないように心がけます。
衣類に気を配って腹部を温かくするという対処法が効果的です。
また下痢が発生しやすい食品を控えるようにします。
具体的にはどのような食品があるのかというと、糖類や甘味剤となります。
これらは水分を腸の中にためてしまう働きがあります。
このほかに刺激の強い食べ物も控えるようにします。
辛い食べ物やコーヒーなどになります。
生理の時だけではなく食べ過ぎや早食いには注意が必要です。
これらは消化不良を引き起こしてしまいます。
ここで発生したがガスが腸の粘膜を刺激して、腸が異常収縮するようになってしまいます。
したがって食事の際はしっかりとかんで、ゆっくり食べるように心がけます。
また薬を服用するという方法もあります。
最近では水を飲まずに服用することができる下痢止めもあります。

スポンサーリンク