月経前症候群 頭痛 吐き気

頭痛や吐き気等の症状が現われる月経前症候群について

スポンサーリンク

月経前症候群とはその名前からも分かるように月経に関わるもので、身体と精神に様々な症状が現われます。
この症候群の一番の特徴はあらゆる症状が月経の直前に発生して、月経が始まると消えたり弱くなったりする点にあります。
月経のどのくらい前から発生するかには個人差がありますが、基本的には月経開始の3〜10日程度前から発生する事が多いです。
月経前症候群が発生する原因については明確になっていない部分も多く、今も研究が続けられています。
ただ有力な原因として考えられているものとして、ホルモンの影響を受ける器官の感受性の違いが挙げられます。
それ以外にもセロトニンに代表される神経伝達物質が、通常よりも多く分泌される事が原因で発生する可能性等も考えられています。
こういった事柄が原因として考えられている事からも分かるように、発症するか否かや症状の種類や重さ等は人によって大きく違います。
日常生活に支障をきたすほどに重い人もいれば、ほとんど症状に悩まされる事のない人もいるのです。

スポンサーリンク

月経前症候群が発生した場合に現われる症状は、大きく身体的なものと精神的なものに分類する事が出来ます。
身体的なものとしては頭痛や吐き気、食欲不振や倦怠感、腹痛等が代表的なものとして挙げられます。
特に頭痛や腹痛、吐き気等は現われる事の多い症状で、重い頭痛や吐き気等に悩まされている人も少なくないです。
精神的な症状としては情緒不安定に陥る、うつ症状が現われる、意味もなく不安感に襲われる等があります。
それ以外にも夜に充分に眠れなくなる等の睡眠障害が現われる人もいて、こうなると日中の生活に影響してしまう可能性も出てきます。
月経前症候群の治療方法については薬物を使った治療と、薬物を使わない治療の2種類が挙げられます。
薬を使った治療方法としては鎮痛薬や向精神薬、漢方薬等を処方して様子を見るのが一般的です。
ただ患者の中には薬を使う事を躊躇う人も少なくなく、こういった人には薬を使わない治療を行う事になります。
具体的には食生活や運動習慣等を見直したり、心身がリラックス出来る状態を作り出す等が挙げられます。

スポンサーリンク