排卵後 子宮 チクチク 原因

排卵後に子宮がチクチクする原因は?

スポンサーリンク

排卵とは、赤ちゃんのもととなる卵子が卵巣から飛び出し、卵管に入ることをいいます。
これは月経の2週間前に起こるのが一般的です。
この排卵が起こると女性ホルモンの影響から様々な体調の変化が現れることがあります。
最も多い症状として挙げられるのが、子宮や下腹部がチクチクと痛む、いわゆる排卵痛と呼ばれる症状です。
その他にも基礎体温の変化や排卵後の出血、胸の張りや頭痛や吐き気、またはおりものの変化などその症状の現れ方には個人差があり、症状を感じない人もいます。
また排卵による症状だと思っていたら、妊娠の初期症状であったというケースもありますので気になる方は専門医に受診するのが最善だと言えます。
このように女性の体はデリケートであり、月経や排卵などによって体調の変化を繰り返しています。
それでは、最も多い症状である下腹部や子宮がチクチクと痛む、排卵痛と呼ばれる症状が起こる理由や原因について詳しく説明したいと思います。

スポンサーリンク

排卵痛が起こるのにはいくつかの原因が考えられます。
まず考えられる原因は、卵巣内にある卵胞は成熟すると大きくなって腫れた状態になりますが、その腫れによって子宮がチクチクする痛みを感じる場合です。
この卵胞の腫れは、排卵後に少しずつ引いてくるので、それと同時に痛みも治まってきます。
また、排卵する瞬間に子宮にチクチクと痛みを感じることもあります。
こちらの場合の原因は、卵子が成熟した卵胞を突き破って飛び出す為に、子宮がチクチクと痛むというものです。
そして、排卵時に卵巣内が傷がつくことがあり、排卵後に出血が起こり子宮にチクチクと痛みが現れる場合もあります。
これは排卵出血と呼ばれ、体に悪い影響がある訳ではありませんが、排卵後に強い痛みを感じるケースもあるので症状がひどい場合には受診するのが最善です。
このように、排卵痛といっても排卵前、排卵時、排卵後と理由や原因があって子宮に痛みは起こっています。
これらは女性が妊娠する為に必要な体の働きなので、上手くつきあっていくことが大切だと言えますが、排卵後数日たっても症状が治まらない場合などには他の原因が隠されていることもあるので、その場合には注意も必要です。

スポンサーリンク