ワーファリン 生理 出血 対処方法

ワーファリンと生理時の出血の対処方法

スポンサーリンク

ワーファリンという薬があります。
ワーファリンとはどのような特徴があるのかというと、心臓や血管の病気がある人は、血液が固まりやすい状態になることがあります。
このような状態を防ぐための対処方法としてワーファリンという薬を服用することがあります。
この薬は血液を固まりにくくするという効果があります。
使い方が難しくなっているので、必ず医師の指示に従うようにします。
ワーファリンは赤黒い袋に入った白い粒状の薬となっています。
粉の場合はオレンジ色となっています。
人によって血液の固まる時間が異なっているので、定期的に検査を行って適量を決めるというようなことが行われています。
ワーファリンを処方されることがありますが、このときには生理の出血に関しては十分に考えなければいけません。
この薬には血液を固まりにくくするという作用があるので、生理の出血が止まりにくくなる可能性があるのです。
したがって生理の出血がある時には、できるだけ服用しないようにするという対処方法が必要となります。

スポンサーリンク

この薬は人によって服用する量が異なっているので、それをしっかりと守る必要があります。
決められた量をしっかりと守り、飲み忘れや飲み過ぎの無いようにすることが基本となります。
飲み忘れに気がついたり飲み過ぎてしまったときには、次のような対処方法が必要となります。
ワーファリンを飲み忘れたときには、半日以内であればできるだけ早く飲むようにします。
生理中にもかかわらず、飲み過ぎてしまうというようなことがあります。
この場合には生理の際の出血が止まりにくくなるというような可能性があります。
間違えてたくさん飲んでしまったというような場合には、医師や薬剤師に連絡をすることが対処方法となります。
この薬は一人一人にあわせて処方されるようになっていますが、薬と言うことで副作用の危険もあります。
具体的にはどのような副作用があるのかというと、鼻からの出血や歯茎の出血があります。
生理の際の月経過多になることもあります。
対処方法としては決められた量を守ると言うことと、食生活や嗜好品に注意をします。
バランスの取れた食習慣を心がけるという対処方法が必要です。

スポンサーリンク