ホルモン 補充 周期後 排卵

ホルモン補充周期は自然な生理周期後の排卵後からスタート

スポンサーリンク

ホルモン補充周期とは、体外受精で培養した胚を子宮に戻す際に、ホルモン剤を投与して人工的に生理の周期を調整し、胚の移植日を確定する処置のことです。
ホルモン補充周期ではなく自然周期で胚を子宮に戻す方法もあるのですが、自然周期では正確な排卵日を特定するのが難しいというデメリットがあります。
自然周期は文字通り、自然の排卵周期のあわせて、次の生理周期後に子宮内膜が充実するのを待つという方法です。
ホルモン補充周期では、自然な生理周期後から治療が始まります。
ホルモン剤で子宮内膜を人工的に充実させますので、着床に最適なタイミングで移植することが可能となります。
ホルモン補充周期後には、自然周期に比べると妊娠率は高くなっているのが現状です。
自然に排卵しにくい女性や、子宮内膜が厚くなりにくい女性でも妊娠する可能性が高い方法となります。
ただし、ホルモン補充周期後には、薬の副作用が出る可能性がありますので、医師と相談しながら体調にあわせて調整する必要があります。

スポンサーリンク

補充周期後には、少量の出血が見られることがあります。
その理由は、人工的に充実させた子宮内膜は、自然に成長した子宮内膜と比べると若干弱いためです。
また、そのほかにも薬の副作用で子宮内膜が維持できなくなり、剥がれることが出血の原因として挙げられます。
いずれにしても、排卵による生理の出血ではありませんので、補充周期後に出血が見られる場合には医師に相談するようにしましょう。
ホルモン補充療法は、不妊治療で活用されることが多いのですが、この療法を行うことによって、生理の周期が整い、正常な排卵が起こるようになります。
不妊治療では、そのほかに排卵誘発療法も用いられています。
無排卵や生理の周期が安定していない女性に対して行なわれる方法であり、排卵を促して卵子の子宮内膜の質を向上させ、妊娠を目指す方法となります。
ちなみに、一般的な不妊治療の流れについては、まずタイミング療法が施され、人工授精、高度生殖医療という流れとなります。

スポンサーリンク