生理中 プール ナプキン

生理中プールに入る場合はナプキンはだめ?

スポンサーリンク

生理中プールに入る際にはナプキンではなく、タンポンを使用するのが正しい対処方法です。
毎回生理中はナプキンを使用するので、タンポンには抵抗があるという女性も多いです。
しかし、ナプキンをプールの際の対処方法にするのは難しいことです。
なぜなら、生理用ナプキンは水に濡れてしまうと水を吸収して血液を吸う力が減り、プール内を血で汚してしまう可能性もあるからです。
特に2日目や3日目などといった量の多い日は避けた方がよさそうです。
他にも、水の温度でお腹を冷やすこともあり、生理痛が酷くなったり量が多くなったりすることもあります。
なるべく生理中プールに入ることを避けるというのが一番の対処方法なのです。
どうしても、入りたいという場合にはタンポンが良い対処方法となってくれます。
タンポンは漏れや臭いなどといったものが気にならないように作られているため、水中で使用しても他の人にバレないというところが最大のメリットとなっています。

スポンサーリンク

タンポンはナプキンに比べると、経血を吸収する機能が良いため、殆ど外に漏れることはありません。
ナプキンの場合は外に出た経血を吸収するものなので、空気に触れるため雑菌なども繁殖しやすいだけでなく、臭いも気になることがあります。
そこをカバーしてくれるのがタンポンです。
ただ、プールや温泉などといった水中でタンポンを使う時に気を付けなければいけないことがあります。
水中から出る際に水圧により、経血が出やすくなるため、常に清潔なものに取り換えるということが必要な対処方法なのです。
特に、生理中同じタンポンを長時間つけたままにしていると「トキシックショック症候群」になってしまうこともあるからです。
生理中はナプキンでもタンポンを使う場合でもなるべくこまめに付け替えることが大切です。
タンポンは最初は抵抗がある人もいますが、慣れればナプキンと同じように使用することが出来ます。
何よりも生理中プールなどに入る際に、安心できる対処方法であるということを知っておくとよいでしょう。

スポンサーリンク