生理 周期 短くなる 30代

30代で生理周期が短くなる原因と対処方法

スポンサーリンク

健康的な生理周期は28日と言われています。
これに1〜2日ぐらいは前後しても問題はなく、規則正しい生理状態と判断できます。
しかし、この周期よりかなり短い場合や長い場合は異常を疑わなければなりません。
これに対して30代で生理周期が短くなる傾向のある人は、もしかしたら更年期障害が始まりかけていると疑いを持てます。
一般的に更年期障害は40代半ばから見られる症状とされていますが、30代からでも症状を感じる人はいます。
ただ、少し早い傾向にあるので、何らかの対策が必要となるかもしれません。
なぜ生理周期が短くなるのかは、女性ホルモンの分泌量が減少してしまうからです。
女性ホルモンは年齢とともに変化していき、20代半ばから30代前半でピークを迎えます。
そこから減少していくようになり、女性ホルモンのバランスが乱れていきます。
この変化が生理周期にも影響してくるようになり、だんだんと短くなる傾向へなってしまうのです。

スポンサーリンク

生理周期が短くなる状態がしばらく続けば、閉経もそれほど遠くはないと予想できます。
これ以外でも出血量が少なくなったり、精神的な不安定さが目立つ場合は更年期障害が起こりかけているのかもしれません。
30代は育児の最中や働き盛りの人も多いため、かえって更年期障害が辛く感じられる年代です。
少しでも症状を抑えていくためには、女性ホルモンのバランスを整えていくことも考えなければいけません。
30代は忙しさのあまり睡眠が十分に取れていない人も多く、特に深夜に熟睡できない状態は女性ホルモンの分泌に悪い影響を与えてしまいます。
なるべく早い時間帯に寝るようにし、ストレスや疲労を溜めない工夫も大事です。
そして、女性ホルモンに近い働きを持つ食材の摂取も効果的です。
代表的なものに納豆や豆乳があり、大豆イソフラボンが女性の不調を整える効果を持ちます。
更年期対策の1つにもなっているので、30代であれば積極的に取っていきたい食材となります。
こうした対策で、生理周期が異常に短くなるようなことも目立たなくなる可能性はあります。
生理周期が短くなるのはある程度の年齢になると自然なことですが、年齢的にまだ早いと感じる場合は取り組んでいきたい対策です。

スポンサーリンク