生理 始まり だらだら 原因

生理の始まりがだらだらしている原因

スポンサーリンク

女性は生理がありますが、生理の始まりに出血をするということがあります。
女性は閉経まで約40年間ほど付き合うことになる生理ですが、毎月1週間程度このような期間が続くようになっているので憂鬱に感じている人も少なくありません。
お腹が痛くなったり体調が悪くなったりと言うことで、出血以外に体にさまざまな症状が現れるようになっています。
しかし生理は体調管理の目安となっているので非常に大切なことと考えられています。
その中で生理の始まりから終わりまでがだらだらと続くことがあります。
一般的に始まりから終わりまでは約1週間となっていますが、いつまでもだらだらと続くこともあります。
このようなときには何が原因となっているのか心配になります。
生理の始まりから終わりまでだらだらと続くことがありますが、このときには病気が原因となっていることもあります。
正常な生理期間というのは3日から7日程度となっています。
始まりから終わりまでこれ以上だらだらと続く場合には長いと判断できます。

スポンサーリンク

始まりから終わりまでに長い期間があるという場合には次のようなことが原因として考えられています。
それは無排卵月経と言うことになります。
これは月経不順の一つと考えられています。
排卵がなくても月経が始まるというようなことがあります。
ホルモンがしっかりと分泌されていないと言うことが原因となって、いつまでもだらだらとした出血が続くようになっています。
この他に考えられる原因に更年期があります。
これは経血の量が少なくなるという状態となりますが、これ以外に期間がだらだらと長引くこともあります。
妊娠をしている場合には、流産の可能性があります。
非常に初期の段階で、妊娠に気がつかない段階でいつもより重めの生理が来たと感じたときには、流産の可能性も考えられています。
排卵期出血ということが原因のこともあります。
これは排卵の時期に少しの出血が見られます。
通常の出血とは違いがあり、さらっとしていることが多いです。
また婦人科系の病気の可能性もあるので原因をはっきりとさせることが必要になります。

スポンサーリンク