ピル 生理 出血 少ない 原因

ピルを飲むと生理の出血が少ない原因

スポンサーリンク

ピルは女性が毎日飲むと排卵をストップさせる働きがあるので、妊娠しないようにしてくれる効果があります。
しかしピルは妊娠を予防するだけの薬ではなく、PMSの症状である生理痛や経血の量が多い、過長月経などに悩んでいる人にも症状の改善効果があるとして利用されています。
ピルを飲み始めると生理痛がなくなった、出血の量が少ないので楽、という声も多いのですが、その原因はピルに含まれている女性ホルモンが原因となっています。
ピルの作用は毎日飲むことで含まれている女性ホルモンの体内での濃度を一定化し、妊娠しているのと同じ濃度にすることで脳が「妊娠しているから排卵をしなくても良い」と判断して排卵が止まるのが原因で、避妊効果を出すことが出来ます。
生理の出血は経血と呼ばれていて、受精卵が着床するときのベッドとも言われており、妊娠したときに栄養として使われるものです。
通常は排卵のたびに作られている子宮内膜は妊娠に至らなかった時に生理の出血となり、子宮内膜の厚さによって経血量が少ない、多いというのが決まってきます。

スポンサーリンク

しかしピルを飲むと体内のホルモンのバランスは妊娠した時と同様になるためホルモンの分泌量が少なくなり子宮内膜が厚くなりません。
子宮内膜が厚いことが原因で経血の量が多いと感じるので、子宮内膜が薄くなれば経血が少ないと感じます。
ピルを服用している時には排卵は起きませんが、実際には妊娠していないのでホルモンの働きで子宮内膜が作られますが自然な生理の時よりも作られる子宮内膜が薄いので出血量が少ないのが特徴です。
これが原因となって妊娠をしないだけではなく生理の経血量が減ったりPMSが解消されますが、全ての人がピルを飲み始めてすぐにこの効果が現れるわけではありません。
ホルモンのバランスが整うまでに時間がかかってしまうことが原因で、2〜3シート飲み進めなければ「消退出血が少なくなった」と感じない人もいます。
服用し続けて行けば身体も慣れてきますので消退出血が少ないなと感じるようになっていきます。
もともとの経血量が少ない人の場合にははっきりと経血とわかるものではなく、おりもの程度になってしまうこともあります。

スポンサーリンク