生理 残り カス 原因

生理の残りカスの原因

スポンサーリンク

生理が終わったにもかかわらず、残りカスのようなものが出てくることがあります。
生理が終わった後に出血があったり、残りカスのようなものがあるときには、その原因が気になってしまいます。
生理の後ということで何か大きな病気が関係しているのではないかと心配になりますが、ここにはいくつかのことが原因として考えられています。
生理の後に残りカスのような出血が見られることがありますが、この場合には次のような原因が考えられています。
骨盤のゆがみということになります。
20代後半になると体が老化し始めます。
そして骨盤がゆがむことで、生理のときに必要な分だけ骨盤が開かなくなってしまうことがあります。
したがってこれが原因となって経血をスムースに排出することができなくなってしまいます。
生理が終わった後に残りカスのようなものが見られるようになっています。
この他に考えられる原因は、ホルモンが乱れているということや更年期が関係しています。

スポンサーリンク

女性ホルモンは身体の中で重要な役割がありますが、女性ホルモンが乱れてしまうと、残りカスのようなものが出ることがあります。
なぜこのようにホルモンが乱れてしまうのかというと、それは大きなストレスがかかっていると言うことが考えられています。
また冷え性の人はこのような症状が現れやすくなっています。
一時的な症状であればそれほど心配する必要はありませんが、残りカスの出血の状態が悪化しているというようなことがあれば、病院を受診するようにします。
また多くの女性に見られる症状として、子宮膣部びらんというものがあります。
これは子宮の出口の部分が少しただれたような状態になっているものです。
分泌物が多くなるので、出血が発生するということもあります。
とくに分泌物が盛んにある20代や30代に多く見られるようになっています。
しかし子宮癌の原因となっているということではありません。
生活の中で支障を来さないと言うことであれば、とくに問題はありません。

スポンサーリンク