生理 下っ腹 出る 原因

生理中に下っ腹が出る原因と対処方法

スポンサーリンク

生理中に下っ腹が出る場合、一時的な体重増加で下腹部に脂肪がついてしまうこともありがちです。
ダイエット中でも生理期間中は下っ腹が出るなど太りやすい原因は、ホルモンバランスなどの身体の変化が起きていることも考えられます。
生理が終わるまでダイエットは中断してみるのも好ましいですが、下っ腹も引っ込んだりとスタイルも元に戻ってくることが多いです。
便秘になりやすい体質であれば、下っ腹が出るのもお腹にガスが溜まってしまうことも原因だったりします。
食事に気を遣えるのも大事ですが、お通じの回数も増やせるとその症状も改善しやすくなります。
下っ腹が出るなど洋服のサイズがきつくなっても、むくみが原因でウエストが太くなったこともあります。
ゆるみのある服装を心がけてみると締めつけなどの不快感もなくせます。
自分で簡単なマッサージやエクササイズを行うのもいいですが、血流も良くなったりと脂肪を燃やすことに役立ってくれます。

スポンサーリンク

生理になると下っ腹が出る原因は、体質でお腹が張ってしまうことも少なくないです。
生理中に食欲が増したりと食べすぎてしまうのであれば、楽しいことに夢中になったりと気分を高めてみるのもありです。
ネイルやヘアスタイルなどのファッションも華やかにしてみると明るい気持ちになれます。
精神的にリフレッシュしたりと落ち着けると暴飲暴食しにくいですが、ストレスも軽減させやすいです。
イライラしたりと感情のコントロールができなくなっているなら、生理痛などで体調が優れないことも原因になりがちです。
無理をしないことが一番ですが、生理で具合が悪い日は仕事や学校、アルバイトなども休ませてもらうのも悪くないです。
生理痛が悪化する原因も減ります。
一緒に過ごしている家族や友人に暴言が出るなど当たり散らしてしまうタイプであると、事情を説明しておくのも望ましいです。
相手と喧嘩をしたりといったトラブルも防げますが、理解を得られます。

スポンサーリンク