生理 周期 変化 原因

生理の周期変化の原因は?

スポンサーリンク

女性の体内では、エストロゲンとプロゲステロンという2種類のホルモンが分泌されています。
これらは、それぞれ分泌量が周期的に変化しています。
そしてその変化に応じて、生理が来ることになるのです。
具体的には、エストロゲンの分泌量が増えると排卵期になり、排卵期が終わるとプロゲステロンの分泌量が多くなります。
そしてこの両方のホルモンの分泌量が少なくなると、生理が来るのです。
逆に言えば、ホルモンバランスが乱れると、それが原因となって生理周期も乱れるということになります。
また、ホルモンバランスの乱れは、排卵周期の乱れの原因にもなります。
たとえばエストロゲンの分泌量が少ないと、排卵期は訪れにくくなります。
また、分泌量が少ないということは、それ以上少なくなった場合の体の変化が起こりにくいということです。
これが原因となって、生理がなかなか来なくなるわけです。
加えて、エストロゲンやプロゲステロンがしっかりと分泌されなければ、妊娠も難しくなります。
つまりホルモンバランスの乱れは、不妊の原因にもなるということです。

スポンサーリンク

さらに、ホルモンバランスの乱れは生理痛の原因となることもあります。
具体的には、子宮を収縮させるホルモンが過剰に分泌されるようになるのです。
収縮すれば、それだけ子宮には強い痛みが生じます。
こういったトラブルを解消するためには、ホルモンの正常な分泌を促すことが肝心となります。
そしてそのために婦人科では、不足しているホルモンを補充したり、ホルモンの分泌を抑えたりする治療がおこなわれています。
これらにより各ホルモンの分泌量が正常なものとなれば、排卵周期や生理周期は安定しやすくなります。
なかなか来ないという状態が改善されたり、不規則だった場合には規則的な周期に変化したりするのです。
もちろん、妊娠しやすい体に変化しやすくなりますし、生理痛も生じにくくなります。
またホルモンバラスの乱れは、生活習慣の乱れが原因となっていることもあります。
そのため、早寝早起きや栄養バランスの良い食事、適度な運動などにより生活習慣を変化させることも、有効な対処法となります。

スポンサーリンク