オリモノ 血 生理前 原因

生理前のオリモノに血がまざる原因

スポンサーリンク

生理の前になると、体にいろいろな変化が現れます。
原因は、ホルモンに関係しています。
生理が来ると、黄体ホルモンが一気に上昇することが原因であるのです。
ですので、生理前オリモノに血が混ざっていたからといって心配しすぎることは良くありません。
ですが、生理前にホルモンのバランス以外でオリモノに血が混ざることがあります。
ですので、生理前のオリモノには注意が必要なのです。
では、どのような場合があるのか紹介していきます。
まず、ほとんどの方が勘違いしやすい、着床出血です。
妊娠すると基本的には生理はきません。
しかし、生理前にオリモノに血が混ざる場合があります。
原因は、受精卵が子宮内膜部分に着床するときに起こるのです。
生理前のことが多いことから、勘違いしやすいのです。
妊娠の可能性がある方は、オリモノの様子を見て、妊娠検査薬などを使用して調べてみることが大切です。
このように、妊娠やホルモンの変化による出血なら良いのですが、病気の可能性もあるので注意が必要なんです。

スポンサーリンク

では、どのような病気があるのでしょうか。
まず、一番多い原因が、外傷による出血です。
付き合っている人との行為が原因で子宮の入り口が傷ついてしまうことが原因になることがあるのです。
生理前はデリケートになってることが多いので、そのような行為をするときに十分気をつけることが大切です。
また、子宮頸管ポリープやクラミジア性子宮頸炎などといった女性特有の病気の可能性もあります。
特に、ポリープに関しては、悪性と良性があるので早めに検査をして発見することが大切です。
クラミジア性子宮頸管炎に関しては、皮膚にクラミジア菌が繁殖して炎症が起こり、出血する場合もあります。
ですので日頃から身体を清潔に保つようにし、しっかりと予防するようにしましょう。
最後にもっとも危険なのが、子宮頸がんです。
子宮頸がんは初期症状がないので心配です。
そして、なかなか予防ができないので、定期的に検診を受けるようにしましょう。
生理前にオリモノに血が混ざることはしばしばありますが、病気の可能性もあるので、婦人科検診に定期的に行くことが重要です。

スポンサーリンク