生理 血 落とし方 洗濯方法

生理の時についた血の落とし方と洗濯方法

スポンサーリンク

生理の多い時は下着や洋服に血がついてしまうことがあります。
気をつけておいても仕事中でナプキンを交換できなかったりすることもあります。
特に生理が始まって2〜3日は量が多いです。
外出中だと下着も洋服も着替えることができず血がついたまま1日を終えることになります。
するとついた血は下着や洋服に染み込んでしまって乾いてしまうこともあります。
生理の多い時の血は濃くドロッとしているので落ちにくいです。
落とし方と洗濯方法については、手もみ洗いするかつけおき洗いをすると落ちます。
それでもうっすら色が残ってしまう時には、専用の洗剤や漂白剤を使用すると効果があります。
生理の時の専用の下着は、手もみ洗いが良いでしょう。
手もみ洗いをして洗濯機にかけると綺麗にニオイも汚れも落ちます。
完全にニオイや汚れ、ついた血の落とし方や洗濯方法は、1日洗剤につけておくと効果があります。
また、集中して生理の時だけ使用する下着は手もみ洗いが優しくて長持ちします。

スポンサーリンク

頑固な生理の時の血の落とし方は、手もみ洗いする、専用の洗剤を使用する、つけおき洗いをすることです。
つけおき洗いをすると染み込んでいても自然と溶けてきます。
ある程度溶けて色がなくなるまでつけておきましょう。
洗濯方法は、洗濯機に直接入れないで事前に血を落としてから入れることが良いでしょう。
色々な落とし方や洗濯方法を試して効果のある方法を選択すると良いでしょう。
色々な洗剤がありますので試してみることも良いです。
柔軟剤などが配合されている洗剤は落ちにくいこともあります。
強力な洗剤や無理な落とし方や洗濯方法は下着を傷つけてしまいます。
下着に残った洗剤が皮膚を痛める原因になることもあります。
手もみ洗いやつけおき洗いをした後はしっかり水で洗い流しましょう。
正しくて優しい落とし方や洗濯方法で下着を洗いましょう。
生理の時に下着や洋服に血がついてしまっても落ちますので安心しましょう。
専用の下着は値段も高いので大事に使用しましょう。

スポンサーリンク