妊娠 生理 予定日 腹痛

腹痛と生理の関係、妊娠から出産予定日を知るには?

スポンサーリンク

女の人は誰しも経験する生理ですが、生理が来る前に腹痛が起きる人がいます。
今回はなぜ生理前なのに、腹痛が起こるのか調べてみました。
腹痛の原因は4つあります。
まず一つ目は、PMSです。
PMSというのはPremenstrual Syndromeの略で、月経前症候群と呼ばれています。
このPMSが起きる原因はビタミンやミネラルの不足だと考えられています。
二つ目は、女性ホルモンの関係です。
生理前はプロゲステロンとエストロゲンが入れ替わるタイミングなので、身体に様々な不調をもたらします。
三つ目は、プロスタグランジンの影響です。
プロスタグランジンは痛みを感じやすくさせる作用と炎症を引き起こす力があります。
よって、だるさや吐き気、腹痛が悪化するのです。
四つ目は、出産経験がない人です。
出産経験がない人は不要な子宮内膜が排出される働きに腹痛を伴うことがあります。
出産で経穴が流れやすくなり、腹痛か緩和されることもあります。
以上の四つが腹痛の原因と考えられています。

スポンサーリンク

次はタイトルでもあります、妊娠と予定日について調べてみました。
生理が遅れると妊娠を疑いましょう。
今は妊娠検査薬ですぐに妊娠を確かめる事ができるので、病院に行く前に自分で確認しておきましょう。
そして、病院で妊娠がわかれば、出産予定日を確認をしましょう。
出産予定日がわかっていれば赤ちゃんが生まれる前に色々と準備ができます。
ある程度の情報があれば自分でも出産予定日を計算することができます。
簡単な計算方法は妊娠前の生理の1日目を0として、そこから280日目となっています。
これは最終の生理開始日から出産の日までおよそ280日かかるという指針に基づいたものです。
ただし、この日数は生理周期に寄って異なる場合もありますので、出産予定日といってもきっちりこの日に産まれてくるというものではなく、この日にちを基準に出産を考えるというだけの日にちです。
実際、出産予定日に産まれてこない赤ちゃんも多いので、立会い出産をお考えの方は出産予定日だけ休みをとって安心しないように気をつけて下さい。

スポンサーリンク