産後 生理 周期 短い

産後の生理周期は短いのか

スポンサーリンク

妊娠をすると生理が止まってしまうというのは当たり前となっています。
しかし出産をすると生理が再び始まるようになっています。
産後いつ始まるのかと言うことが気になりますが、その周期に関しても短いということや長いということがあります。
なかなか生理がこなくて不安に感じているという人も少なくありませんが、始まっても生理周期が短い日と長い日があります。
このように周期がバラバラになっていることもあります。
しかしこれはそれほど心配する必要はありません。
産後に見られる自然なこととなっています。
産後の生理周期が短いということがあります。
月に2回来るというようなこともあります。
なぜこのような状態となってしまうのかというと、生理周期とホルモンバランスの関係が大きく影響しています。
産後回数が増えるというのは女性にとっては厄介なものとなっています。
周期が短いというのは、1週間程度で再び来るというようなこととなります。
このときにいつもよりも短いと感じる程度であれば、それほど心配する必要はありません。

スポンサーリンク

しかし産後周期が短くなって出血量が多く、月に何度も見られるというようなときには病院を受診する必要があります。
この場合何らかの原因が隠されている可能性があります。
したがって産後にこのような症状が見られる場合には、早めに婦人科を受診するようにします。
ホルモンバランスが整っていないということが考えられますが、心配になってストレスをためてしまうと悪循環となってしまいます。
したがってこのような不安を解消するためにも病院を受診するというのは非常に大切なこととなります。
生理周期が短いというのは産後によく見られることですが、不規則になっているというようなこともあります。
これもホルモンバランスが関係していると考えられています。
産後1年が経過してから生理が来るというようなこともあります。
しかし月経が始まったからと言ってホルモンバランスが整ったと言うことではありません。
目安としては、1年以内は様子を見るようにします。
この間は不規則なタイミングで始まることも珍しいことではありません。

スポンサーリンク