卵胞期 下腹部痛 原因

卵胞期の下腹部痛の原因とは

スポンサーリンク

生理が終了してから、次の排卵までの間を卵胞期と呼びます。
この卵胞期に起こる下腹部痛の原因は、排卵痛の可能性があります。
排卵痛とは、卵子が卵胞から飛び出す際に出血するのですが、その痛みを感じてしまったことが原因で下腹部痛が起こってしまうことです。
排卵から次の生理まではどの女性もほぼ14日とされていて、生理がきちんとした周期で来る人も不順な人も同じです。
卵胞期の長さが毎月同じならば生理周期が整っていると言えますが、その時によって長くなったり短くなったりすることが原因で生理不順が起こってしまいます。
生理周期が28日の人の場合、生理初日を1日目と数えて14日目前後に排卵があると考えられます。
このころに下腹部痛を感じた場合には、排卵痛だと言えます。
また、排卵は左右の卵巣のうちのどちらか片方から起こるもので、左右が交互に起こすのを繰り返していくもののため、1カ月おきに右だけの下腹部痛だけが起こるという人もいます。

スポンサーリンク

卵胞期は生理が終わった後の比較的女性のコンディションが良い時期だと言えるため、卵胞期に身体を整えておくことが出来れば体調が良くなり、妊娠を希望している人は妊娠をしやすくなったり卵胞期以降のマイナートラブルを抱えやすい時期も楽に過ごせるようになりますので、卵胞期は女性にとって大切な時期であると言えます。
そんな時期に起こる下腹部痛だからこそ気になる人も多いのですが、原因は排卵痛だけではありません。
卵胞期が終わり排卵が始まるタイミングは女性ホルモンの切り替わりの時期でもあります。
それまで優位だった卵胞ホルモンの分泌が減り、黄体ホルモンの分泌が優位になる時期です。
しかしストレスなどでホルモンの分泌バランスが崩れたことが原因で生理後も生理中のような下腹部痛を感じることがあります。
また、子宮内膜症や子宮筋腫などの病気が痛みの原因となっていることもありますので「すべてが排卵痛だ」と勝手に判断せず、病院での診察を受けることも検討してみましょう。

スポンサーリンク