流産後 生理 周期 短い 原因

流産後に生理周期が短い原因

スポンサーリンク

妊娠をしても流産をしてしまうということがあります。
これは必ずしも母親の体が影響をしているということではありません。
流産にはいくつかの種類があります。
化学的なものは、受精はしたものの、着床をせずに育つことができないという場合です。
胎児が確認できた後に流産をすることもあります。
胎盤などがすべて排出されたという状態のものもあります。
赤ちゃんが亡くなっていても、そのままお腹の中にとどまっているというような場合もあります。
その中で流産後に生理がいつ来るのかが気になります。
流産後の生理周期というものが気になりますが、短いと言うことが多くなっています。
流産後4週間で来ると言うことが多くなっていますが、個人差が大きく2週間で生理周期が来るというようなこともあります。
しかし流産の種類によって生理周期が異なっています。
胎児が確認された後の流産に関しては、生理周期が短くなっています。
周期が短いというようなことはストレスなどが原因になっていると考えられています。

スポンサーリンク

流産後の生理周期に関しては、個人差があるからといって放っておかないようにします。
短いと言うことの原因をしっかりと把握する必要があります。
短い原因としては、排卵が関係しています。
生理が来ていても排卵をしているかどうかははっきりとわかりません。
したがって原因となっている排卵の有無を確認するために、流産後は基礎体温を付けて排卵検査薬などを使うようにします。
基礎体温を付けてもすぐに把握することができると言うことではありません。
流産後は、低温期と高温期の区別がつくようになるまでに、数ヶ月が必要になると考えておきます。
ホルモンバランスが正常ではないということが原因で、周期が短いことがあります。
しかし生理周期のことを気にしすぎるとしっかりと安定することがありません。
短いときに焦らずに待つということが必要です。
ホルモンバランスが原因となっているので、心と体を休めるようにします。
1ヶ月後ぐらいに戻ってくるのが目安となっています。

スポンサーリンク