生理 期間 短くしたい 対処法

生理期間を短くしたい場合の対処法

スポンサーリンク

生理期間は一般的には1週間くらい続くと言われています。
これを年間残の時間で計算すると、28日周期としたならば1年間で約91日間も生理期間があることになります。
この期間を短くしたいと考える女性は多いと思われます。
何故なら、この期間はナプキンやタンポンなどの生理用品の交換が煩わしかったり、皮膚のかゆみやかぶれ、下腹部の痛み、体のほてりなど不快な症状を感じる場合が多いからです。
これらの症状をやわらげるための対処法としては軟膏を使用したり、痛み止めを飲んだり、カイロで腰を温めたりと色々な方法が挙げられますが、どれも対処療法であり、根本的な療法とならない場合が多いです。
根本的な対処法としては、生理になっている時間を短くすることが一番分かりやすい方法であり、短くしたいと考えている人は多いです。
始めに記述したように、一般的に月経の期間は1週間程度と言われていますが、それより短い人も多くいます。
つまり、不快な時間を短くしたいと思い、何か自分にあった対処法を見出せば短く出来るものだということが言えます。

スポンサーリンク

生理期間を短くしたい、と考えている人にお勧めしたいのは布ナプキンの使用と、月経血をトイレで出し切るようにすることです。
これらは一昔前、まだ生理用品が発達していなかった頃の月経時の対処法に近いです。
昔は月経時には膣に綿をつめ、月経血を子宮で溜めて、トイレで綿と一緒に月経血を出していました。
現代の排泄と同じように、月経血も昔の人はたれ流しにせず、トイレで出すことが出来たのです。
しかし、現代人は服装や生活習慣の変化から骨盤や膣を締めることができなくなり、月経血への対処法も特に意識せずに生理用品を使用する生活となってしまっています。
昔の暮らしに戻るのは無理ですが、少し意識と月経時の対処法を変えることで、短い月経期間を手に入れることができます。
月経時の不快な期間を短くしたい場合には、先述したように布ナプキンの使用がお勧めです。
布ナプキンの使用によって子宮が温められて、子宮が緩みます。
そしてその結果、子宮に月経血を溜める空間が作れるようになります。
また月経血の落ちてくる不快さが分かりやすいため、少しでもその不快な時間を短くしたいと意識することで骨盤が閉まり、月経血を落ちにくくしてくれます。
そしてトイレで子宮や骨盤を緩めることにより、月経血を出すことができます。

スポンサーリンク