生理痛 薬 コンビニ 

手元に薬が無い時に生理痛が辛くなったら登録販売者がいるコンビニでバファリンが買える

スポンサーリンク

個人差がありますが、生理痛は辛いものです。
腹痛・腰痛・全身がだるいといった症状が代表的なものですが、その他には嘔吐感・胃の痛み・食欲減退・下痢・めまいといった身体的な症状やイライラする・憂うつになる・怒りっぽくなってしまうといった精神的な症状が現れる人もいます。
このような症状は生理の1日目から2日目に多くみられる人が多いようです。
生理痛が起こる主な原因は、プロスタグランジンというホルモンの過剰な分泌・子宮口が狭い・冷え・血行不良・ストレス・他の病気があるといったことがあげられます。
日常生活を送るうえで自分が気を付ければ改善されるものもありますが、他の病気が隠れている可能性がある場合には早急に婦人科を受診する必要性が生じます。
他の病気の心配はないんだけれど自分の力だけではどうにも改善されないという場合には、薬に頼るのも一つの方法です。
生理痛に効く薬の代表的なものといえば、『バファリン』です。
バファリンは1963年にアメリカから日本にやってきました。

スポンサーリンク

現在ではほとんどの薬局やドラッグストアで販売されていて、簡単に購入することができます。
家庭に常備している場合や常に携帯している場合、またドラッグストアなどが開店している時間帯であれば、服用して時間が経過するとその効果を発揮してくれます。
しかし困るのは、手元にバファリンが無く薬局やドラッグストアが閉店している時間帯です。
そのような時間帯には登録販売者がいるコンビニなどの店舗で買えるのです。
今やコンビニは24時間営業が当たり前になっているので、仕事が遅く終わった時や深夜の急な痛みなどの緊急に必要になった時などにとても便利です。
生理痛は当事者でなければなかなか理解されることが難しく、辛いものです。
自分にとって適切で効果的な対処法があれば最適なのですが、どうにもならない時には薬に頼ることも必要です。
登録販売者がいる店舗であれば、自分の症状に合った商品を提示してくれ、服用方法や副作用などについても説明してくれますので安心です。

スポンサーリンク